公認会計士

 少し前にこういうのが(会計士業界で)話題になりました。

https://www.excite.co.jp/news/article/Jtownnet_328858/

 これは、公認会計士試験に合格するのがいかに大変なのか?をわかりやすく説明するために、合格までに使った教材で表したものです。

 この積み上げた教材での試験をクリアした後に、

・実務補修所

・終了考査

 をクリアする必要があり、その後の試験はこの積みあがった教材の半分くらいはあります。

 確かに公認会計士になるための試験はなかなか壮絶な試験であるには間違いないです。多くの会計士が自分の人生最大の試練は会計士試験であり、その合格にはいかに苦労したか?というのはよく語られます。

https://www.youtube.com/results?search_query=%E4%BC%9A%E8%A8%88%E5%A3%AB%E8%A9%A6%E9%A8%93

 私からすると最大の試練というにはちょっと言いすぎな気もします。私は会計士試験より努力したものとして、

比較しやすいものとしては、将棋やLOLというゲーム

 この辺は結構楽しみながら頑張ったのですが、アマチュアレベルとしても全然上達しませんでした。

比較しにくいものとしては、大学生活、会社員、(+私生活)

 この辺は相当苦労しながら頑張ったのですがどうにもならなかったですね。。。

 会計士試験は大したことがないということが言いたいわけではなく、苦労するポイントが他の人と違うというのは幸せな面もあり、不幸な面もある。ということです。(例えば今回私が書いていることが同業者にすら理解されないとかw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。